エストロゲンとプロゲステロンについて

エストロゲン…卵巣ホルモン
プロゲステロン…黄体ホルモン
両方共、妊娠するためには、必要な女性ホルモン。

エストロゲンは、女性らしさを魅き出すホルモンとも言われています。
月経の周期を安定させる役割もしているのですが、女性らしい体つきにします。
胸を大きく美しくしたり、肌の調子をよくしたり、髪の毛にツヤを与えたりします。

とくに、月経の終わり頃から分泌され始め、排卵がくるときまで、たくさん分泌されるのです。
更年期以降、月経が終わってしまうと、その分泌も終わってしまいます。

プロゲステロンは、バランスを崩しやすいホルモンです。
プロゲステロンは妊娠のためのホルモンとも言われています。
基礎体温を上げて、妊娠の維持、乳腺の作ったりと、妊娠の環境の準備を体が始めます。
排卵が始まると、約2種間ほど、存在し続けます。
2週間の分泌をし続け、経過した後は、プロゲステロンは消失します。
ここで月経が始まります。
しかし、妊娠が成立すると、黄体の期間はずっと続きます。

両方のホルモンバランスが保たれることで、体も健康で、きれいで過ごすことができます。
バストを大きくしたいからと言って、サプリメントばかりに頼りすぎてしまうと、ホルモンバランスが崩れてきてしまい、乳がんや子宮内膜の病気を発症しやすくなってしまいます。
セルノートとは